WiMAX端末のメーカーはどんなところがある?

以前WiMAXについてどんなメーカーさんがあるんだろ?と思って調べたら、どこもかしこもプロバイダの紹介ばかりしてるサイトで辟易しました(汗)。

製造メーカーを教えてくれ!

メーカーっていったら液晶テレビのシャープとか、プリウス作ってるトヨタとかでしょ?こちとらWiMAXの端末を製造しているメーカーが知りたいんじゃ!

というわけで端末メーカーを調べてみました。

WiMAX端末を作っているメーカーを探してみた

WiMAXの端末の製造メーカーには主にNEC製とHuawei製で2分されています。ほかにもあるんですがシェアは限りなく低め。

基本的にはNECとHuaweiの2つのメーカーがWiMAXの端末を設計したり製造したりしています。

NEC製の端末にはSpeedWi-FiNEXTWX01やSpeed Wi-FiNEXTWX02やWi-FiWALKERWiMAX2+NAD11などがあります。

特徴としてファームウェアが最適化されていて速い速度で安定した通信が出来ることが挙げられます。

ファームウェアの最適化や更新による安定性や速度ならNEC製の端末が一番優れています。

Huawei製にはSpeed Wi-FiNEXTW01やSpeedWi-FiNEXTW02やWi-FiWALKERWiMAX2+HWD15UQなどがあります。

Huawei製は機能性や本体のコンパクト感などが特徴の端末です。

シンプルなデザインでコンパクトな本体なので外出先での持ち運びなどにも最適で難しい操作も不要で簡単に操作できます。

Bluetoothでテザリングが可能な端末や最新のUSB規格に対応している端末などもあり、Huaweiは機能性ではとても優れているメーカーです。

 

他にも製造メーカーはあるので、各メーカーが製造している機種名をリストアップしてみました。

ちなみにWiMAX(無印)ではなく「WiMAX2+」対応の機種だけです。

NEC製の端末

  • Speed Wi-Fi NEXT WX02
  • Speed Wi-Fi NEXT WX01
  • Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11

NECプラットフォームズ製の端末

  • Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03

Huawei製の端末

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT W02
  • Speed Wi-Fi NEXT W01
  • Speed USB STICK U01
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • Speed Wi-Fi HOME L01
  • Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
  • Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14

シンセイコーポレーション製の端末

  • novas Home+CA
  • URoad Home2+
  • URoad-Stick

ZTE製の端末

  • Speed USB STICK U03

えっ?たったこれだけ?って思うくらい少ないですね~。価格.com検索結果で200機種以上あったんで現行モデルでも50種類くらいあると構えてただけに楽ちんでした。

その他メーカー

ほか、WiMAXメーカーではないんですが、WiMAX端末に繋げる機器を製造販売しているメーカーもあり。

  • 株式会社ネットワークコンサルティング

ここはZTE社の「Speed USB STICK U01」用のWi-Fi機器「Triprouter(トリプルーター)」を作っています。ので一応ラインナップに加えておきました。

 

 

それぞれがどんなメーカーさんなのか?についても簡単に解説。

各WiMAX端末メーカーの特徴

NECプラットフォームズってどんな会社?

NECプラットフォームズはWIMAX端末の製造と販売も手掛けているNECグループの主要子会社です。

WiMAX端末をはじめとする様々な情報通信機器の製造販売事業を手掛けているメーカーで、NECプラットフォームズはWiMAX向けの端末やルーターなどの製造販売をしていることでもとても有名。

情報通信機器以外にも企業向けの電話の製造と販売や、飲食店向けのオーダーシステムの製造と販売なども行っていて情報通信機器に関する製造と販売を行っています。

このメーカーでは情報通信機器の製造と販売だけでなく設置や保守などのサービスも行っていて情報通信機器に関する様々なサービスを展開中。

本社は東京にあり、東京以外にも東日本や西日本や中部や関西などの日本全国に営業所や事業所があります。

NECプラットフォームズが開発や製造を行っているWiMAXの端末にはWX03などWXシリーズが挙げられます。

NECプラットフォームズが開発や製造を行っているWiMAX端末には、通信速度が速く電波を拾いやすいというメリットがありデザインがシンプルで誰でも扱いやすいという特徴もあります。

ファーウェイってどんな会社?

ファーウェイ(HUAWEI)は1987年中国・深センに設立された通信機器メーカーです。

元々はWi-Fiルーターなど携帯電話のネットワーク関係の通信機器を開発していましたが、近年ではSIMフリースマートフォン端末などオリジナル製品を製造するメーカーとして大躍進しました。

日本においては2007年に携帯端末を発売開始し、毎年技術開発や品質向上に注力徐々に販売台数も伸び、2014年SIMフリー市場に参入、その品質の高さなどから世界中から受け入れられるようになりました。

2015年にはスマートフォンの出荷台数が1億台に到達し、世界第3位になっています。

2016年には日本SIMフリースマートフォンの分野でP9 liteが販売台数トップとなり、自社後継機種であるP10 liteが発売されるまで堅持しました。

このようにファーウェイは日本でも確実に勢力を伸ばしてきて現在はサポート体制も充実、世界展開している強みを生かしてハイエンドからローエンドまで幅広いラインアップを見せています。

更にライフスタイルに合わせて110MbpsのWiMAX2+、速度制限なしのWiMAX、広いエリアのau 4GLTE(800MHz)の3つの高速通信モードが選べる端末を発表するなど、意欲的に製品展開を行っています。

シンセイコーポレーションってどんな会社?

シンセイコーポレーションは、エレクトロニクス製品やデジタルIT製品に関する製造や輸出入業を行っている大手企業です。

1973年2月に設立し、本社は兵庫県姫路市です。

また東京の他に、中国の上海や深圳にも拠点があることでも知られています。

ホームページには079で始まる固定電話も公開されており、顧客に対するサポート体制も充実しています。

近年、WiMAX製品の開発にも力を入れており、2014年にはM2M向けのWiMAX対応通信モジュールをリリースしました。

製品名はMTE-N100と言い、韓国MODACOM社との共同開発です。

この製品はUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているWiMAXおよびWiMAX2+で利用でき、産業用の大容量データにも対応できます。

また薄型のコンパクトモジュールであることも、魅力の一つです。

その他、シンセイコーポレーションでは電子事業部でモーターやCCFL電極、トランス等の開発も行われています。

さらにエネルギー事業部では、太陽電池シリコンウェハーの研究も行われ、海外でも認められています。

なおこれを調べている時点でシンセイコーポレーションでは営業幹部や営業事務を若干求人していました。応募条件は大学卒以上とのこと。

 

WiMAX契約はどこでする?

ちなみに端末メーカーと契約するわけではありません。って言うまでもないですね(汗)

また契約時にここでピックアップした端末全部から選べるわけではありません。

契約可能な現行モデルは5種類前後。その中から選ぶか、あえて中古で過去モデルを買って使うか?ですね。

そしてWiMAXを使うには基本的にプロバイダと呼ばれる会社と回線契約することになります。

端末メーカーは数社しかありませんでしたが、プロバイダは20社以上あって選ぶのが結構大変だったり(汗)

そしてプロバイダによって扱っている端末が微妙に違うので端末中心に選ぶか、プロバイダ料金が安いところを中心に選ぶか、で多少違ってきます。

ただ最近機種ならたいていほとんどのプロバイダで選べるので問題ないでしょう。

 

まとめ

WiMAX端末を製造しているメーカーに注目してまとめてみました。

回線契約するプロバイダと違ってメーカー数はかなり少なめ。

スマートフォンなら世界各国にたくさんのメーカーがありますが、WiMAX端末メーカーは中国と日本の会社だけでした。

ソニーとかシャープ、パナソニックみたいな企業は見向きもしないようで(汗)

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由