WX03とWX02比較 新旧スペックの違いや進化したポイントは?

WX03とWX02比較 新旧スペックの違いと進化したポイントは?

モバイルWi-Fiルーターの売上を調査しているBCNランキングによると、10月くらいまではずっと1位だったNEC製WiMAX2+ルーター「WX02」。今はファーウェイ製「W03」に次ぐ2位になってますが、人気端末であることに違いありません。

そして2016年12月2日、これの新機種「WX03」が登場。売れることは間違いありません。で、しばらく2モデルが併売されると思いますが、これから買うならどっちを選ぶべきか?についてスペック比較や「WX03」が進化したポイントについてまとめてみました。

WX03とWX02 新旧モデル比較

WX03とWX02のスペック比較

wx03-wx02本体
 WX03WX02
メーカーNECプラットフォームズNECプラットフォームズ
本体カラーディープブルー
ホワイトゴールド
パールホワイト
マットブラック
マゼンタ
発売日2016/12/22015/11/20
サイズ幅 99mm
高さ 62mm
厚さ 13.2mm
幅 110mm
高さ 66mm
厚さ 9.3mm
重さ約110g約95g
対応回線WiMAX2+WiMAX2+
WiMAX
下り最大速度440MbpsWiMAX2+ 220Mbps
WiMAX 13.3Mbps
上り最大速度30MbpsWiMAX2+ 10Mbps
WiMAX 10.2Mbps
バッテリー容量2890mAh2500mAh
使える時間WiMAX2+回線(Wi-Fi接続)ハイパフォーマンス
約440分
エコモード
約740分
ノーマル
約600分
ハイパフォーマンス
約440分
エコモード
約600分
バランスモード
(速度制限して節電)
約490分
使える時間WiMAX2+(Bluetooth接続)ハイパフォーマンス
約580分
エコモード
約990分
ノーマル
約900分
ハイパフォーマンス
約540分
エコモード
約720分
バランスモード
約630分
連続待受時間約1100時間リモート起動有
約400時間
リモート起動無
約650時間
ウェイティング
約35時間
同時接続台数Wi-Fi 10台
USB 1台
Bluetooth 3台
Wi-Fi 10台
USB 1台
Bluetooth 3台

WX03の特徴

wx03クレードルセット

新機種「WX03」の方が下り最大速度は倍、上りも3倍になってます。バッテリー容量も増え、連続使用時かにゃ待受時間がかなり増えました。サイズも分厚くなってますが小ぶりになり携帯性はアップしていると言えそうです。また、タッチパネルの画面が大きくなり操作性もアップしています。

そしてスペック比較には載せてませんが「WX03」には専用クレードルがあります。これには拡張アンテナが搭載されていて、端末をセットして使うことでWiMAX2+電波の受信能力がアップ、より安定した環境で使えるようになります。

WX02の特徴

wx02クレードルセット

対して旧機種「WX02」はWiMAX(無印)回線に対応しています。もしこちらの方が繋がりやすいエリアに住んでるならあったほうが良いことはいいんですけど、無印回線は2018年3月まででサービス終了します。それ以降完全にWiMAX2+に一本化されてしまうので、ここされた期間はそれほどありません。だいたいWiMAX契約って2年縛りなので契約期間中にサービス終了してしまうわけですね。ないならないで困ることはないはずです。

あとですね、普通こういったニューモデルが発売されると古い機種は値下がりするものなんですけど、WiMAX契約するときって9割方端末0円で売ってくれます。なので価格差に関するメリットはありません。

 

WX03よりWX02を選ぶメリットはある?

モバイルWi-FiルーターのSpeed Wi-Fi NEXT WX03は下り最大440Mbpsを実現している一方、WX02は下り最大220Mbpsとなり一見すると後発のWX03が多くのメリットがあるように思えますが、WX02にしか無いいくつかの機能も存在しています。

WX03はWiMAX2+のみに対応していますが、WX02は下り最大220Mbpsになるとは言えWiMAX2+と下り最大13.3MbpsのWiMAXハイパワーにも対応しています。

WiMAXハイパワーは伝送速度こそ劣るものの、送受信能力が向上し電波の弱い弱電界の環境でも繋がりやすいのが特長です。

WX03ではWiMAX2+の電波を捉えることができなければ圏外となり利用できなくなってしまいますが、WX02ではWiMAX2+が繋がらなくてもWiMAXハイパワーで接続できる可能性が高く、接続の多様性を担保できると言うメリットがあります。(※2018年3月でサービス終了します)

もうひとつはコストの問題で、WX02は今となっては古い機種となり価格が下落傾向にあり、キャンペーンや契約内容によっては実質0円というケースもあります。

よりリーズナブルな価格で利用したいケースや弱電界エリアで利用するケースが多い場合は、敢えてWX02を選択するメリットがあります。

 

まとめ

ほか見た目が好きって人を除けば「WX02」が上回ってるポイントは見当たりません。旧モデルなので当然といえば当然なんですけどね。これから購入するなら新機種「WX03」一択です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由