WX03 GMOとくとくBBWiMAX2+でキャッシュバックキャンペーン実施中!

業界で1番最初に「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の予約受付をスタートしてWiMAXサービス会社(プロバイダ)「GMOとくとくBB」。

最新端末なので100%売れるのはわかりきってるんですが、

キャッシュバックも景気良く29600円!
(クレードル付きだと26100円)

で契約可能となってます(2017年8月更新)。

上の画像はGMOとくとくBB公式サイトから拝借したものですが、この金額は旧モデル契約時なのでがっかりさせたかもしれません(汗)

キャッシュバック申し込み専用ページ(ここ以外だと安くなるので注意)
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

私ならクレードル付き選びます。

クレードル側にアンテナついてるから受信感度アップする特別な機能がついてるので。

というか「WX03」最大のメリットがそこといっても過言じゃないです。

関連記事
WX03のクレードルが何がいい?

「WX03」の特徴として下り最大440Mbps!ってのが一番アピールされてますけど、こんなのほんの一部の地域でしか使えませんからね。

私も今「WX03」使ってますけど、最大40Mbpsくらいしかでてません(汗)。

それより受信感度高くして安定的にネット接続してくれるほうがありがたい。

というわけで専用クレードル欲しいがために「WX03」を買いました。

 

あと、GMOとくとくBBで契約するときキャッシュバックコースのほか、「月額割引コース」という名前のとおり月額料金値引きに力入れてるコースもあります。

個人的にはキャッシュバックは1年後にしか受け取れませんし、手続き案内のメールを常にチェックしておかないといけないが面倒なので「ギガ鬼安MAX2+」が好きです。

面倒ゴト嫌いならこちらがいいんじゃないかと。

月額割引コース受付ページ
WiMAX2+が月額2,699円~!月額割引キャンペーン

ちなみに、キャッシュバックキャンペーンと「月額割引コース」ではキャッシュバックのほうが1万円くらいお得です。手間と利益を考えて、どちらを取るかはお好みで・・・。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックと月額割引コース料金比較

キャッシュバック月額割引
初期費用30003000
月額料金42633344
キャッシュバック3万円前後
(端末による)
0
2年総額74000円前後81948円

クレードル価格は税別3565円です。キャッシュバックなら実質3500円で少しだけ安い計算に。

2つのコースを比較すると、クレードル込み料金なら差額7000円くらいになります。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03本体カラーとクレードル

 

ちなみに管理人は「BroadWiMAX」で契約しました

ここまでGMOの魅力について書いてきましたが、管理人は「BroadWiMAX」で契約しました。

ここも月額料金が安いプロバイダさんで、「GMOとくとくBB月額割引コース」よりちょっと割高くらいの価格設定(2年間総額で1000円弱くらい)。

ただWiMAX運営元のUQコミュニケーションズさんは2017年には1Gbps目指す!と言ってますし、遅くとも2018年中には達成してくるんじゃないかと。で、対応端末でたらたぶん欲しくなる(汗)。

また、このWXシリーズとライバル関係の「Wシリーズ」売ってるファーウェイさんも1年以内には新機種出すでしょうし、どのみち2年契約終わる前に買い換えることになると思ってます。

となると解約違約金が安い「BroadWiMAX」にしたほうがトータルで安くなるって計算です。

「GMOとくとくBB」と「BroadWiMAX」の2年契約時の解約違約金比較

GMOとくとくBB
WiMAX2+
BroadWiMAX差額
1年目解約24800円19000円5800円
2年目解約24800円14000円10800円
解約月0円0円0円
3年目解約9500円9500円0円

「BroadWiMAX」なら1年目は5800円、2年目なら10800円も安く済ませられます。

というわけで私はBroadWiMAXで申込みました。

 

GMOとくとくBBのここがダメ!評判悪いポイントを徹底紹介!

契約するプロバイダにより月額料金や特典に違いがあるWiMAXは、どれを選んでも同じというわけにはいきません。

また、それぞれにメリットとデメリットがあるので、良い部分だけに目を向けていた場合は実際に使用してみると思っていたのとは違うというケースが起こりがちです。

このために、事前にメリットとデメリットをきちんと把握したうえで選ぶようにするのがポイントとなります。

ココが良い

GMOとくとくBBは、フレッツ光が提供しているプロバイダの一つで、2009年からサービスをスタートしています。

10年以上前から提供している「So-net」や「BIGLOBE」と比較すると知名度という点ではかなり見劣りしますが、キャッシュバックの金額という点ではこれらを大きく上回っているので、近年急速に注目が高まりつつあります。

他にも、取り扱端末を全て無料で購入できる・取り扱い端末が豊富・WiMAXと同じサービスが利用できるなどがGMOとくとくBBのメリットです。

ココがダメ

一方、このプロバイダのデメリットは、キャッシュバックの受け取り難さにおいてかなり評判悪いです。

もしキャッシュバックを受け取りミスした場合、金額的には本家運営の利用料が高いプロバイダ「UQ WiMAX」と大差ない状態になってしまいます。

具体的には、Flatツープラスギガ放題(月間データ容量無制限)4380円に対してWiMAX2+Flat2年(月間データ容量無制限)4263円、Flatツープラス(月間データ容量7GB)3696円に対して、WiMAX2+Flat2年auスマホ割(月間データ容量7GB)3609円とほとんど同じで、月額料金の安さという点を重視する人にはあまりおすすめ出来ない内容となっています。

また、契約解除料金が高めに設定されているということもGMOとくとくBBWiMAX2+の残念な点です。

UQの場合が1年目に解約した場合は19000円・2年目14000円・3年目以降が9500円という内容なのに対して、GMOとくとくBBは1年目が24800円・3年目以降が9500円となっており、最低でも2年は使わなければならないリスクが伴います。

他にも、いろいろありますが、これらのダメな点もちゃんと理解したうえで利用するようにしましょう。

 

まとめ

GMOとくとくBBでWX03を契約するときのキャンペーンや料金について紹介しました。

デメリットもありますが、業界最安クラスなのは間違いありません。

キャッシュバックの受け取り手続きだけ気をつけておけば問題ないプロバイダと言えそうです。

 

[記事下]