WX04(WiMAX)は買い!特徴とプロバイダ料金比較

WiMAX最新機種「Speed WiFi NEXT WX04」が発売されました!

管理人も早速WX04を購入!使ってみた結果、WX03やW04と比較すると十分満足できる端末です。

今回登場した「WX04」はWiMAXの主要シリーズ。まだ全社で扱っているわけではありませんが、今後ラインナップに追加してくるWiMAXプロバイダも増えていくでしょう。

そこでWX04ってどうなの?買いなの?他の機種よりいいの?とこころのモヤモヤが晴れない人向けに「WX04」を使って良かった部分をレビューしつつ紹介していきます。

また、現在契約できるWiMAXプロバイダをピックアップしWX04キャンペーン特典を比較。

WX04はどこで契約すると一番得するのか?を調べました。

「もうWX04を買うつもりだよ!」って人は、ページ下部にあるWiMAXプロバイダ料金比較の欄へお進みください。
WX04料金比較の項目へ

 

ではWX04のレビューから。

WX04ってどんな機種?使用感をレビュー!

本体カラーはクリアホワイトとスカイブルーの2色あり。ブルーを購入しました。

WX04の1つ前のモデル「WX03」よりサイズはひとまわり大きく、W04よりは少し小さいくらいのサイズ感。

まぁサイズはそこまで端末選びに影響ないと思うのでこの辺で。

それより一番気になるのはWX04のスペックがどれくらいなのか?でしょう。

そしてWX04で最大の注目ポイントは専用クレードルにあります。

これ使わないとWX04の魅力半減です。

WX04のクレードルはWX03で初搭載された通信を安定させてくれる拡張アンテナをそのまま引き継ぎました。

そしてさらに室内で無線接続(Wi-Fi)したときに快適になる新機能「ビームフォーミング」を搭載。

これについて詳しく書くと知恵熱でそうなのでサラッと解説。

Q.ビームフォーミングってどんなもの?

A.WX04と繋げている端末(スマホやタブレットなど)との通信環境が良くなる機能

 

で、この新機能がWX04の速度にどれくらい影響しているのか?について速度計測してみました。

WX04新機能の速度をスマホアプリで調べた結果
(平日19時ころ)

WX04のみ・・・・・・・・・22~26Mbpsくらい
WX04+クレードル・・・26~32Mbpsくらい

「RBB SPEED」というアプリを使用。

どうやらしっかり働いてくれているようです。

だいたい1~2割増しで速度アップしてる感じですね。

WX04のクレードルは約4000円でけっして安くないんですが買う価値は十分あると思いますよ。

ちなみに数字がしょぼく感じるかもしれませんが、我が家のWiMAX環境は20Mbpsでていれば十分速いって環境なので、WX04は本体だけでも快適と言えます。

また、ほかの機種も計測した結果、WX03+クレードルで22Mbpsくらい、W04は20Mbpsくらいでした。

W04は東名阪、神奈川・京都・兵庫の一部エリアなら性能をフルに活かせるのでたぶんもっと速くなります。

ですが地方民にその恩恵はありません。

そのため1都1府4県の街中やその周辺に住んでいる人はW04の方がいいと思いますよ。

 

ここからはWX04の機能や特徴をもう少し詳しく紹介していきます。

WX04の特徴

  • 下り最大440Mbps
  • au 4G LTE回線も利用可能
  • バッテリー量量アップ!3200mAhへ
  • USBがTYPE-C にバージョンアップし充電時間短縮
  • ワンタイム・スケジュール機能追加

最大速度は旧WX03と同じながら新たにau 4G LTE回線対応へ。

このモードを利用すれば対応エリアも広く安定した通信が可能に。

今後のソフトウェアアップデートでの速度アップにも期待が持てます。

また、バッテリー容量がさらに増え、連続待受時間もアップ

外出時に安心して使えます。

充電ケーブルはスマホなどでもどんどん切り替わっている新しい端子「microUSB Type-C」を採用し、向きの上下を気にせず端子挿入できるのでストレスを感じません。

データ転送性能もアップしています。

WX04では今のところ電源供給の用途にしか使ってないようですけどね。

またau 4G LTE回線併用モードをコントロールするワンタイム機能や、バッテリー節約に便利なスケジュール機能も搭載。

WX04で追加された機能やスペックを最大限活かせるようになっています。

旧モデルから順当に進化してくれました。

※追記
WX04のメリットに思われたワンタイム機能ですが、他サイトで「一度セットするともとに戻せない」と解説されていました。そこでプロバイダに問い合わせてみたら一度ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線併用)にすると、ハイスピードモード(WiMAX2+のみの無制限モード)に戻らないらしい(汗)。アカンやん!なのでこの機能はないものと思っておきましょう。なくても特に問題ありませんので。

 

専用クレードルの特徴

  • ビームフォーミング機能追加
  • WX03で好評だった拡張アンテナ搭載

WX04本体は他機種ですでに採用されている技術に対応&既存機能をさらに快適に使うためのスケジュール機能などが追加されました。

ただ、悪く言えばパッとしない進化とも言えます。

ですがWX04専用クレードルは上で触れたとおり目玉となる新技術「ビームフォーミング」を搭載してきました。

無線LANルーターでも搭載され始めてますが、WiMAXというかモバイルルーターでは初。

WX04につなげている端末に向けてビームのようにWi-Fi電波を発信することができます。

これにより、データ送受信の失敗による遅延も減り、速度アップ&安定した通信が期待できます。

また旧機種で大好評だった拡張アンテナもそのまま引き継いでいます

ビームフォーミングは室内向けの機能ですが、こちらは室外メイン。

全国各地の対応エリア内にだいたい1~2km間隔で設置されているWiMAX基地局とWX04のやりとりを快適にしてくれます。

公式発表では最大約4割、管理人の速度計測結果でも1割以上速くなりました。

WX04を契約するならクレードルセット購入をおすすめします。

 

最後にWX04が一番お得に契約できるWiMAXプロバイダを比較した結果もまとめました。
 
契約前にチェックしてプロバイダ選びに失敗しないようにしてください。
 

WiMAX「WX04」のキャンペーン特典&料金比較

契約可能なWiMAXプロバイダ

  • BroadWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • So-net
  • UQWiMAX

ビックカメラ、ケーズデンキなど家電量販店も取り扱いを発表していますが、料金が高いので除外します。

料金は税別、ユニバーサルサービス料(2~3円/月)含まず、ギガ放題プランを比較しています。

WX04単体契約

2018/10時点
順位
ギガ放題3年合計/
平均月額
WX04
本体価格
初期費用月額キャッシュバック
GMOとくとくBB114060円
約3171円
030004263
(0~2ヶ月目
は3609)
41100
So-net118080円
約3280円
0300032800
BIGLOBE129310円
約3591円
03000438030000
BroadWiMAX131626円
約3656円
030003411
(0~2ヶ月目
は2726)
0
UQWiMAX150912円
約4192円
8003000438010000

WX04+クレードルセット契約

2018/10時点
順位
ギガ放題3年合計/
平均月額
クレードル
価格
GMOとくとくBB114060円
約3168円
実質0
So-net124766円
約3465円
3686
3BroadWiMAX135312円
約3758円
3686
4BIGLOBE144310円
約4008円
3686
UQWiMAX149312円
約4147円
2700
※WX04が800で
合計3500円

WX04はクレードルに最大の魅力が詰まってます。

100%外でしか使わないなら必要ありませんが、家でも使うならセット購入しましょう!

 

GMOとくとくBBはクレードルセット購入用のキャッシュバックコースも選べます。

単品を公式で買うと送料込み4520円かかるのでかなり安くなっています。

UQWiMAXや家電量販店系プロバイダは特典が弱く料金も高いため、3年総額の最安はGMOとくとくBBとなります。

また、キャッシュバック特典ではなく毎月が安い月額割引特典ならBroadWiMAXがおすすめ。

種類別に自分の嗜好にあった会社を3社から選ぶと後悔せず契約できます。

 

では、ここからは上位ランクインプロバイダの長所・短所を簡単に解説していきます。

1位 3年合計額が安い!
GMOとくとくBB

一番元気のいいWiMAXプロバイダがGMOとくとくBB。

具体的な契約数は発表されていませんが、宣伝広告の多さ、他社料金への競争意識の高さは圧倒的なので、業界上位なのは間違いないでしょう。

最大のウリであるキャッシュバック額を超えてくるプロバイダが現れるとすぐに料金改定して抜き返してきます。

 

ここはサポートや手続き面でのレベルがかなり低く評判悪いんですが、安いなら問題なし!トラブルあっても自己解決できる!という人にはおすすめ。

それでもいい&キャッシュバックも欲しい人ここで。

タイミングによりキャッシュバック金額が違うこともあるため、公式サイトでの確認をお願いします。
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

2位 高額キャッシュバックあり!
So-netモバイルWiMAX2+

So-netさんはコロコロ特典を買えるプロバイダで、いまは月額割引特典メインでやってます。

ただGMOとくとくBBにはおよばず・・・。

3年合計金額ではGMOに負けていますが、毎月の安さに魅力を感じる人はここがベスト!

GMOよりサポートも安心です。

公式サイトはこちら
So-net モバイル WiMAX2+

 

3位 最新モデルWX04でも高額キャッシュバック!
BIGLOBE

WX04を扱うWiMAXプロバイダでトップクラスのキャッシュバックを出しているBIGLOBE。

3年合計料金は3番手、月額料金の安さではBroadWiMAXに劣ります。

またキャッシュバックでもGMOに劣ります。

キャッシュバックの受け取りタイミングは他社と同じですが、GMOとくとくBBより手続きが簡単でを受け取りやすいプロバイダです。

詳細は公式サイトで
BIGLOBE WiMAX2+

 

4位 毎月安い!他社からの乗り換えで違約金負担あり!
BroadWiMAX

WiMAX契約では縛りなし、2年、3年の3パターンあり、WX04では3年プランしか選べません。

2年プランならもっと安い他社もありますが、長期利用なら3年目が最安のBroadWiMAXがおすすめです。

0~2ヶ月目 2726円
3~24ヶ月目 3411円
25ヶ月目~ 4011円←業界最安

とかなり安く使えます。さらに20ヶ月過ぎるとタダで機種変できるんですが、さらにさらに月額300円割引に。25ヶ月目~は3711円で使えます。

電話もすぐ繋がるためサポート面は安心。

安さとサポートどちらも望む人はここで。

また、他社のキャッシュバック特典は受取が1年後&手続きも約1年後なのがネック。

忘れれば権利喪失。その辺面倒に感じる&忘れそうな人もこちらが安心です。

詳しくは公式サイトで
BroadWiMAX

 

まとめ

WX04のレビューと特徴紹介&安く契約できるWiMAXプロバイダを比較しました。

WX04の新機能はしっかり効果を体感できました。

「買い」だと思います。

操作しやすく使いやすいのも好印象。

最初からau 4G LTE回線利用料がタダなのも便利です。

契約できるプロバイダは旧モデルWX03より少なめですが、業界でもトップクラスに安い会社にはラインナップされているので問題ありません。

自分の嗜好にあった会社を選びましょう。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由