WX05のクレードルは買い!機能や用途など必要性を解説!

WX05専用クレードル トップ画像

結論:買いです!

このページではWX05のクレードルをおすすめする理由について詳しく解説していきます。

 

新機能「WiMAXハイパワー」が搭載され、通信環境の安定性が増した魅力的なモデル「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が発売されました。

WXシリーズもこれで5モデル目となりますが、今回は特に通信環境の快適性に重点をおいた設計になっています。

そこで早速契約しようとWiMAXプロバイダの申し込みページに行くと、「クレードル(NAD35PUU)を同時購入するかどうか?」の選択肢がでてきます。

「価格もWiMAX料金の1ヶ月分くらいするし買わなくていいかな?」

なんて思ってる人もいるんじゃないでしょうか。

いえいえ、最初に言ったように「WX05のクレードルは絶対買い!」です。

 

そこで「買い」と言える理由をとことん解説!

ここではWX05専用クレードルがあると

  • 何がいいのか?
  • どんなことができるのか?

がわかります。

またシリーズ過去モデルやライバル機種の専用クレードルと性能比較もしてみました。

とはいえ必要ない人もいると思いますし「買わなくていいのはどんな人なのか?」も解説しているので参考にしてください。

Speed Wi-Fi NEXT WX05
専用クレードル(NAD35PUU)が買いの理由

WX052色のクレードルセット時画像

WX05専用クレードルを買うメリット

  1. WiMAX電波受信の安定性アップ!
  2. Wi-Fi電波の送受信も安定性アップ!
  3. 有線ケーブルでもつなげられる
  4. 充電しやすい

主な理由はこの4つ。

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

①WiMAX電波受信の安定性アップ!

WX05クレードルで安定性アップ

WX05専用クレードルには、機器両サイドに付いている拡張アンテナがついています。

これは日本各地のビル屋上などに設置されているWiMAX基地局から飛んでくる電波を受信してくれるんですが、WX05本体とは別に受信してくれるもの。

本体+クレードルのダブルで電波を拾ってくれるわけですね。

となると通信環境が改善されて安定性もアップすることに。

公式サイトに具体的な改善率は書かれていませんが、同じ機能がついている旧機種のクレードルでは2割ほど受信性能がアップしていました。
(アンテナ0~4本表示で本体オンリー時より1本多く立っていました)

WX05本体は新機能によってWiMAX基地局への”アップロード(送信)だけパワーアップ”しています。
(これだけでも改善されますが)

でも動画視聴など快適にするにはダウンロード(受信)こそ大事なんですよね。

よって受信能力を上げてくれるクレードルは必須と言えるでしょう。

 

②Wi-Fi電波の送受信も安定性アップ!

WX05クレードルでWi-Fi電波安定性アップ!

WX05のクレードルには、ビームフォーミング機能(TX Beam Forming)が搭載されています。

これはWX05に接続する機器(スマホやタブレット、ノートパソコンなど)に向けて電波が集中的に届くようWi-Fi電波を発信するもの。

いままでは全方位に電波を発射→接続機器に届いたらラッキー!みたいな大雑把なつなぎ方をしていたわけですが、このクレードルではムダを省いて効率的にやりとりできるわけですね。

①ではWiMAX電波受信を、②ではWi-Fi電波の送受信を改善し通信環境が大幅アップ!は言いすぎかもしれませんが、クレードルなしで使うより確実に安定性は上がるでしょう

公式によると、Wi-Fi環境が約30%改善されるとのこと。
(①は約20%改善されるとあります)

 

③有線ケーブルでもつなげられる

WX05クレードルでのLANケーブル接続について

WX05のクレードルに限りませんが、世の中にあるモバイルルーター向けクレードルの基本機能がこれ。

LANケーブルを持っているなら、端子がついてるパソコンなどとクレードルを繋げられます

WX05はWi-Fi電波でのやりとりがメインなので、周りにWi-Fi電波を発信している家電製品などがあると、お互い干渉しあって電波が正しく届かなかったりします。

その点有線ケーブルなら妨害なし&通信データは自分だけのもの。

安定感が違います。

別の機種ですが、我が家でWi-Fi電波と有線接続で速度比較したところ、倍近く速かったですよ。

WX05クレードルのLANケーブル接続端子↓
WX05のクレードル背面にあるLANケーブル端子

④充電しやすい

wx05のクレードルで充電が簡単

ほとんどの人は帰宅後に自宅で充電するんじゃないでしょうか。

そしてWX05単体の場合、充電するにはUSBケーブルを手にとって端子を確認し差し込む手間がかかります。

まぁそれ自体はたいした手間でもないんですが、クレードルにセットするだけのほうがあきらかに楽です。

クレードルにはWX05本体サイズのくぼみがあるので、そこへすぽっとはめ込むだけ。

そんなちょっとしたストレスフリーな環境も得られます。

あと見栄えがいい&ディスプレイをチェックしやすいのもメリットと言えるでしょう。

 

以上、WX05専用クレードルのメリットを紹介しました。

通信環境が良くなること間違いなし!の素敵な機能が搭載されています。

WX05契約で選べるプランは3年縛りのみなので、3年間使い続けると考えたら初期投資4000円ほどでずっと快適性がアップするわけです。

十分安い買いものじゃないかと思います。

 

つづいてクレードルがいらない人はどんな人なのか?について。

クレードルを買う必要がない人は?

WX05クレードルがいらない人
  1. 外でしか使わない人
  2. 普通に使えればいい人
  3. とことん節約したい人

①外でしか使わない人

クレードルはコンセントに挿し込み設置して使うタイプの機器です。

WX05を外出したときにしか使わないのなら全く必要ありません。

クレードルを常に持ち歩き電源のあるカフェなどで使うのもありですが、そこまでする価値があるほど劇的に通信環境が変わるわけでもありませんからね。

②普通に使えればいい人

WX05の専用クレードルは通信安定性や速度が2~3割良くなる可能性のある魅力的な機器ですが、普通に使ってるだけなら実測100Mbpsが120~130Mbpsに上がったところで劇的な差は感じられないでしょう。

普段10Mbpsくらいの環境だったらなおさら実感は得られないはずです。

極端に大きな動画データをダウンロードするなど、普通ではない使い方をするときなら体感できると思いますが・・・。

それより電波が安定しないエリアで使ってる人のほうが恩恵を受けられるでしょう。

③とことん節約したい人

クレードル1個3686円(税込3980円)です。

WiMAXの月額料金1か月分かかってしまう計算。

スマホとWiMAXの2台持ちでとことん節約したいなど、お金をかけたくない人は買わなくても問題ありません。

通信料金にでも充てましょう。

クレードルの機能はたしかに魅力的ですが、実測値データで体感できるほどの差は出ません。

ちなみにこの価格はUQWiMAX公式のアクセサリーショップ価格なので、プロバイダ契約時にセット購入すると多少違うパターンもあります。

GMOとくとくBBってところなら、クレードルセット用のキャッシュバックコースを選択すれば他社より安く買えます。
(クレードルセットとWX05本体のみでキャッシュバック額が約3000円違うため、実質価格も約3000円となります)

 

最後に、WX05とクレードルを安く契約できるWiMAXプロバイダを比較し、最安業者を調べてみました。

WX05&クレードルを買うならこのプロバイダ

※WX05は3年プランのみ契約可能
※税別
※契約月の日割り料金、オプション料は含まず

順位プロバイダ
2019/11更新
ギガ放題
(無制限)
3年総額
ライトプラン
(月7GBまで)
3年総額
クレードル価格
(別売品)
特典
1位GMOとくとくBB11736095124実質0円
(本体0円)
キャッシュバック
34800
2位BroadWiMAX122626993363686円
(本体0円)
月額割引
【11/29迄】
キャッシュバック6000円
3位DTI1304301225003553円
(本体0円)
月額割引
4位novas WiMAX140880129564不明
(本体0円)
月額割引
5位So-net1456561220403686円
(本体0円)
初期12ヶ月
月額割引
6位UQ WiMAX1516803565円
(本体15000円)
キャッシュバック
3000
8位BIGLOBE1524803686円
(本体19200円)
キャッシュバック
10000
9位ヤマダ電機
ベスト電気
1546803686円
(本体15000円)
店舗による
同率
9位
ビックカメラ
ソフマップ
コジマ電気
1548603686円
(本体15000円)
店舗による
同率
9位
エディオン1548603686円
(本体15000円)
店舗による
同率
9位
ケーズデンキ1548603686円
(本体15000円)
店舗による
13位ヨドバシカメラ1600283686円
(本体16500円)
店舗による
14位@nifty1760023565円
(本体20000円)
(送料762円)
なし

一番安いのはGMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBでWX05とクレードルを契約

最初から超高額な現金キャッシュバックを出している、業界でも一番元気なプロバイダがここ。

毎月ころころ金額を変えるのでどのタイミングで契約すべきか悩みがちなプロバイダさんですが、キャッシュバック額でここに勝てる業者はいません。

一番高額なキャッシュバックを狙うならGMOとくとくBBがベストです。

対応エリアチェック・申込みはこちら
GMOとくとくBB 公式

 

1つだけ気をつけたいのが、キャッシュバック受け取り手続きミス。

約1年後に送信される手続き案内メールの内容を期日内に処理しないと受け取れなくなってしまいます。

そうなった場合、業界トップクラスの割高料金になるので受け取りスケージュールを忘れずに立てておきましょう。

キモは11か月後に贈られてくる案内メールを忘れずチェックすることです。

あとでどんなに文句言っても泣きついてもお金はもらえませんからね。

 

初月から安くサポートも良し!長期利用で有利なBroadWiMAX

BroadWiMAXでWX05&クレードルを契約

ここは特典を月額料金の割引に充てているプロバイダさん。

私もここで契約していますが、契約した月からずっと安く使えますし、手続きもないので気楽です。

更新月が近づいてくると案内メールも来るので、一度契約したらトラブルがない限り放置でOK。

トラブルがあっても電話はすぐ繋がるので安心です。
(GMOは全然繋がらなかったので・・・)

また他社は最初の3年だけ安くしているんですが、ここはそれ以降も安いため長く使う場合ならイチオシです。

安さではGMOとくとくBBが頭一つ抜きん出ているものの、安心感とキャッシュバック受け取りリスクの心配がないことを考えれば、金額差以上にメリットを感じられますよ。

対応エリアチェック・申込みはこちら
BroadWiMAX 公式

 

WX05クレードルが届いたのでレビュー!

本体箱は色気も何もないシンプルなパッケージデザイン↓

WX05クレードルの箱画像

味気なさすぎですが、これは他のWiMAXルーター用クレードルでも一緒。

ここにお金かけても仕方ないですからね。

箱を開けると中身はこんな感じ↓

WX05クレードルの箱を開封した画像

クレードル本体↓

WX05クレードルの本体画像

ザ・台座って感じです。

レゴブロックにありそうなパーツ?なかなかゴツい。

WX05本体を設置してみるとこうなります↓

WX05をクレードルへセットした画像

白ベースなので本体がどんな色でも違和感なし。

UQの公式では電波状況が約2割改善されるとありますが、我が家で計測したら本当にそれくらい速度アップしています。
(クレードルなしで40Mbps後半→ありで50Mbps後半に)

絶対買ったほうがいいです。

家でつなげる時間もそれなりにある、というか家メインの人も多いでしょう。

通信費1か月分の出費なら割に合うはず。

 

他機種向け専用クレードルとの違いは?

旧機種WX04クレードルとの違い

WX05とWX04クレードルのWウイングアンテナ

WX04のものは、WX03から引き続きダブルウイングアンテナを搭載しWiMAX電波受信能力アップ。

そして新たにビームフォーミング機能も追加されWi-Fiのつながり易さもアップしています。
(ビームフォーミングはつなげるスマホ・タブレットなどとのやりとりを効率アップさせる機能)

WX05用のクレードルも同じ機能は搭載されていますが、これといって新機能はありません。

デザインが違うくらいですね。

見た目はWX05のクレードルのほうが野暮ったい感じ。

価格も両方3980円(税別)で一緒です。
(公式通販サイトとアマゾンどちらも同じ価格でしたが、送料無料の分アマゾンが安くなってます)

ちなみにクリアパーツ内部に見える銀色のものがアンテナで、WX05のは少なく見えますがクレードル内部にもWX04のと同じ模様があるようです↓

WiMAX WX05クレードルの両サイドにあるアンテナ

こんな模様↓になっていてそれぞれ担当する電波があるようです。

[ ̄] ←2.4GHz帯の電波受信用
 -
[_]

一番上のマークが2.4GHz帯を受信、その他は忘れました(汗)

残りのどっちかがWiMAX電波、5GHz電波担当です。

ぶっちゃけ知ってても何のありがたみもありませんが、まぁ担当する電波があるんですよってことだけ紹介しておきます。

ライバル機種W05クレードルとの違い

W05クレードル2色

W05のものはまさに台座といった風貌。

WX05クレードルのように特殊機能はありません。

W05本体をセットするとバッテリー消耗が激しいけど最速で通信できるハイパフォーマンスモードへ自動切り替えしてくれるんですが、クレードル自体にそんな機能が搭載されているようにはみえないので本体側で制御してるんでしょう。

ってことで特殊機能はありません。

※追記 W06登場!クレードルは?

WX05発売から2か月後にW06が登場しました。

そしてこのモデルからはなんとクレードルがなくなっています。

USBケーブルで直接パソコンとつなげる仕組みですね。

というわけでWX05のクレードルとは比較しようもありませんが、個人的には台座にセットして充電したいのでWX05推しです。

 

WX05の契約に最適なプロバイダの選び方

人気機種だけあり数多くのWiMAXプロバイダで扱っています。

全部を比較するのはかなりの労力なので、割引キャンペーンをやっているお得なプロバイダをピックアップして比較しました。

あとで後悔しなくていいよう最安業者を選んでください。

比較記事はこちら
WX05の最安プロバイダはここ!

 

まとめ

NECプラットフォームズから発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX05」専用クレードルについて紹介しました。

  • WX05の本体機能だけでは補えない部分のフォロー
  • 通信環境の快適性や速度アップ

など、約4000円出すだけでワンランク上のインターネット環境が手に入る魅力的な機器です。

WiMAX運営元のUQアクセサリーショップやAmazon、楽天などでも後からクレードル単品で買えますが、プロバイダでセット契約してしまったほうが送料がかからず安くすみます。

また過去のWXシリーズではクレードルが売り切れたこともあるため、買うのであればセット契約してしまったほうがいいですね。

WX05を安く契約できる業者情報は以下の比較ページを参考にしてください↓

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由