WX05とWiMAX HOME 01を徹底比較!どっちがいい?

WX05とWiMAX HOME 01を徹底比較 トップ画像

WiMAX端末メーカーはいくつかありますが、その中で中国ファーウェイと並ぶ2大メーカーの一角「NECプラットフォームズ」から最新ルーター2機種

  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
    (モバイルルーター型)
  • WiMAX HOME 01
    (ホームルーター型)

が登場しました。

NECプラットフォームズがWiMAXのホームルーター型を発売するのは初めてのこと。

一足先に発売されたWX05の評判も良く、同様の新機能を搭載した「WiMAX HOME 01」への注目度は高いでしょう。

 

そこで「WX05」と「WiMAX HOME 01」の2機種を徹底比較!

スペックやそれぞれの強み・弱みのほか、WiMAXプロバイダの料金も比較し一番お得に契約できる業者を調べました。

タイプが違うので「比較して意味あるの?」なんて思われるかもしれませんが、どっちにすべきか悩んでいる人もいるはず。

機種選びの参考にしてください。

WX05 vs WiMAX HOME 01ならどっちがいい?

デザイン・サイズを比較

WX05サイズ: 幅111×高62×厚13.3mm
HOME01サイズ:幅70×高155×厚100mm

前面デザイン・サイズ

WX05とHOME01の正面デザイン比較

タイプが違いのでサイズも全然違います。

鮮やかな色も用意されているWX05は見栄えしますが、用途が室内のみのHOME01は落ち着いたデザインでどんなインテリアにもマッチしそうですね。

背面デザイン・サイズ

WX05とHOME01の背面デザイン比較

HOME01の裏側は端子の穴が目立つものの、背面はたいてい壁側に向けて設置するはず。

とくに問題ないでしょう。

横のサイズ感

WX05とHOME01の側面デザイン比較

側面に細長くなっているのが特徴的なHOME01。

WiMAXホームルーターでライバルになるL01sが真ん丸な円柱デザインなので差別化してきてますね。

これはこれで特に悪くない見た目じゃないかと。

WX05クレードルセット時と並べてみた

WX05クレードルありとHOME01比較

この画像だけサイズ比が多少違うので、あくまでこんな感じかな?と参考程度に見てもらえれば。

室内で使うのであれば、WX05はクレードルも買っておいたほうが快適性アップします。

そのへんの詳細は下の項目で解説していきます。

 

スペックを比較

機種名Speed Wi-Fi NEXT WX05WiMAX HOME 01
メーカーNECプラットフォームズNECプラットフォームズ
サイズ幅 111mm
高 62mm
厚 13.3mm
幅 70mm
高 155mm
奥行 100mm
本体カラーソニックレッド
ピュアホワイト
ホワイト
重さ128g338g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
下り最大速度440Mbps440Mbps
上り最大速度75Mbps75Mbps
Wi-Fi2.4GHz/5GHz対応
IEEE802 11a/b/g/n/ac
ビームフォーミング対応
2.4GHz/5GHz対応
IEEE802 11a/b/g/n/ac
ビームフォーミング対応
同時接続台数最大10台最大22台
(LANポート2台
Wi-Fi2.4GHz 10台
Wi-Fi5GHz 10台)
電源バッテリー
(3200mAh)
ACアダプタ 100V
AC ± 10% 50/60Hz
12V DC
連続通信時間
(ハイスピード)
※WiMAX2+回線のみ
通信速度を優先 約8.1時間
スタンダード 約11.5時間
バッテリ-持ちを優先 約14時間
エコモード(Bluetooth接続時) 18時間
連続通信時間
(ハイスピードプラスエリア)
※au回線併用
通信速度を優先 約8時間
スタンダード 約10.5時間
バッテリ-持ちを優先 約13.3時間
エコモード(Bluetooth接続時) 約16.8時間
連続待受時間休止状態 約700時間
ウェイティング時 約50時間
SIMサイズnanoSIMnanoSIM
インターフェースType-C USB3.0LANポート×2
(1000BASE-T/
100BASE-TX RJ45)
充電QC2.0
クレードル(別売)拡張アンテナ対応
クレードル価格3686円(税別)

スペック上の違い

  • 同時接続台数
  • 電源供給方法

サイズが違うのは当然として、同時接続台数は大きく違います。

とはいっても、同時に10台以上つなげることってまずありえないでしょう。

お店に設置してお客さんにWi-Fi電波を開放するなら別ですが、それならWiMAXよりフリーWi-Fiサービスを契約するんじゃないかと思います。

ってなわけで、この違いはあまり意味がないでしょう。

そして一番の違いは電源。

HOME01のようにACアダプタによるコンセント直結とWX05のバッテリー駆動では、電波出力に割けるパワーが違ってきます。

またHOME01はバッテリー駆動じゃないので、劣化を気にせず一日中電源入れっぱなしで使えるのは大きなメリットですね。

 

注目機能を比較

WX05の注目機能

WX05の機能
  • WiMAXハイパワー
  • ビジュアルステータス
  • 専用クレードルに拡張アンテナ搭載
  • 専用クレードルのビームフォーミング機能
  • スマホアプリで簡単設定
WiMAXハイパワー

WiMAX電波出力を強くする機能で、WiMAXサービス開始されてから初めて搭載されました。

公式曰く「通信環境が約20%改善」するとのこと。

我が家で実測値を調べたら過去モデルの中で一番速かったので、本当に効果あるんだと思います。

ビジュアルステータス

これはWX05だけの新機能で、通信時に利用できる3つのWi-Fi電波の混雑具合を棒グラフで表示、空いてる電波をタップすれば簡単に切り替えできるもの。

WX05に接続しているノートPC、スマホ、タブレットなどとの通信環境が快適になります。

専用クレードルに拡張アンテナ搭載

拡張アンテナそのものは、2つ前のモデル「WX03」から採用されたもの。

WX05オリジナルではありません。

WiMAXハイパワーがWiMAX電波の送信なのに対し、こちらではクレードルに備わってるアンテナで受信をフォローしてくれます。

ビームフォーミング機能

この機能は1つ前の「WX04」から搭載され、WX05も引き継ぎました。

スマホなど接続している端末とのWi-Fi電波のやりとりを効率的にしてくれる機能です。

スマホアプリで簡単設定

NECプラットフォームズのスマホアプリをインストールすれば、スマホで設定も可能です。

WX05をカバンに突っ込んだまま設定変更するときに便利です。

 

WiMAX HOME 01の注目機能

WiMAX HOME 01の機能
  • WiMAXハイパワー
  • 高性能なワイドレンジアンテナとμSRアンテナ搭載
  • ビームフォーミング
  • スマホアプリで簡単設定
WiMAXハイパワー

WX05と同じ機能がこちらにも搭載されています。

ただそこはコンセント直結のパワフルな電力を活かし、WX05よりハイパワーになっています。

下のアンテナ効果もあって、約50%も通信環境が改善されるとのこと。

電波送信力があがれば届く距離も増えるので、電波の届き具合が微妙で激遅だった人には魅力的なポイントじゃないかと思います。

高性能なワイドレンジアンテナとμSRアンテナ搭載

μSRアンテナは「米粒サイズの超小型高性能アンテナで360°電波を飛ばす技術」と公式サイトにあり。

これらアンテナによって、外に向かって送受信するWiMAX電波と、室内で送受信するWi-Fi電波がスムーズにやりとりできるわけですね。

ビームフォーミング

WX05と同じものがHOME01でも搭載されています。

スマホアプリで簡単設定

こちらもWX05と同じアプリです。

ただHOME01はディスプレイがついてないので、アプリのありがたみは全然違ってきます。

本体に付いてるボタンで設定するのは説明書がないとけっこう大変ですし、通信量などもチェックできるアプリは必須です。

 

どっちがいい?

WX05が最適な人

  • 外でも使う人
  • 過去モデルが快適に使えている人
  • 設定を頻繁に変えたい人

外で使うならモバイルルーター型一択です。

また今まで使っていたWiMAXルーターが快適に使えていたなら、よりパワフルなHOME01ではなくWX05で十分です。

設定をよく変える人は、本体で直接操作できるWX05がおすすめ。

スマホとだけつないでいるならあまり関係ありませんが、ノートパソコンとつないでいる時であればわざわざスマホを取り出して操作する手間もかかりません。

WiMAX HOME 01が最適な人

  • 自分の部屋のみで使う人
  • 過去モデルの通信速度が遅かった人
  • 余分な費用をかけたくない人

室内でしか使わないなら、パワフルなHOME01がベストです。

また過去使っていたWiMAXルーターが激遅だった人は、これで改善される可能性あり。
(あくまで可能性です)

そしてWX05は別売のクレードル(約4000円)によって通信環境がかなり改善されるんですが、HOME01なら本体に備わっているので通信費1ヶ月分ほど安く済ませられます。

以上のポイントをチェックして、自分にあった機種を選んでください。

 

ここまでは主に性能面を比較してきましたが、料金で選ぶ人もいると思います。

そこで、利用期間の合計料金を比較しランキングを作成したので参考にしてください。

WiMAXプロバイダのトータル費用を比較

※初期費用、税金、契約月料金、ユニバーサルサービス料は除く
※12/7発売のWiMAX HOME 01は順次追加していきます

順位機種プロバイダ
2018/12更新
ギガ放題
(無制限)
3年総額
ライトプラン
(月7GBまで)
3年総額
本体価格
WX05GMOとくとくBB
キャシュバック
110660914240円
HOME01So-net114060918240円
WX05+
クレードル
So-net114560923240円
WX05@nifty1251401020201円
WX05BIGLOBE1263101030200円
WX05BroadWiMAX1252401053360円
HOME01GMOとくとくBB
月額割引
1252401068280円
WX05+
クレードル
DTI1253661037660円
HOME01DTI1304301225000円
10WX05novas WiMAX1408801295640円
10HOME01UQ WiMAX150312130056800円
12WX05+
クレードル
UQ WiMAX128705105585800円

ほとんどのプロバイダは2機種とも同じ料金設定ですが、一部特典を分けているところもあります。

最安は高額キャッシュバックのある「GMOとくとくBB」のWX05。

料金で選ぶならここ一択です。

対応エリアチェック・詳細はこちら
GMOとくとくBB 公式

 

まとめ

日本のWiMAXルーターメーカー「NECプラットフォームズ」が発売した新機種2つ

  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • WiMAX HOME 01

をいろいろな面から比較してみました。

タイプの違いによるそれぞれの特徴のほか、単純なスペックではHOME01が上、料金の安さならWX05、など自分の気にしているポイントに応じて選びましょう。

どちらを選んでも最新ルーターだけあって、過去モデルより快適な環境を手に入れられるはずです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)←New!
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由