X01とW06を比較!auショップ契約するならどちらを選ぶべき?

 

auショップやau公式ホームページに行くと、いろんなWiMAX端末が並んでいます。

その中でもモバイルルータータイプのモデルは

  • X01
  • W06
  • WX05

といったラインナップになっています。

WX05は一世代前のモデルで、現行はWX06なんですが、auではなぜか扱われていません。

そういった面からも、それぞれのシリーズの最新モデルでる「X01」と「W06」から選ぶのがおすすめです。

そこで、この2機種を徹底比較し、どちらをえラブのがいいのか?について解説していきます。

auの「X01」と「W06」を徹底比較!

見た目を比較

X01とW06の見た目比較※サイズは画像のとおりではありません

角ばったデザインの「X01」と丸みを帯びた形状の「W06」。

お互いにまったく方向性が異なるデザインに仕上がっています。

端末を見た目で選ぶ人にとっては迷うことなく選べそうですね。

なお本体カラーはX01がブラックのみなのに対し、W06はオレンジ(au限定カラー)、ブラック、ホワイトと充実しています。

そしてW06のオレンジはauショップでしか契約できません。

 

スペックを比較

製品名X01W06
メーカーシャープファーウェイ(中国)
発売日2020/7/212019/1/25
本体色ブラックブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
オレンジ×ブラック
サイズ幅 157mm
高 84mm
厚 16.0mm
(最厚部16.2mm)
幅 128mm
高 64mm
厚 11.9mm
重さ265g約125g
対応回線au 5G
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
下り最大速度5G 4.1Gbps
4G+WiMAX2+ 1Gbps
4G+WiMAX2+ 1237Mbps
WiMAX2+ 558Mbps
上り最大速度5G 481Mbps
4G 112.5Mbps
4G 75Mbps
WiMAX2+ 30Mbps
バッテリー容量4000mAh3000mAh
連続通信時間不明約540分
(WiMAX2+、スマート設定時)
連続待受約240時間約800時間
(WiMAX2+、スマート設定時)
同時接続台数16台16台
ディスプレイ約2.4インチ約2.4インチ
SIMカードnano ICnano IC
インターフェースType C USB3.0
2.5GBASE-T
Type C USB3.0
Wi-FiIEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
Bluetooth×Ver4.0
クレードルなしなし

発売日が1年半違えばスペックもまったく変わってきます。

さらに「X01」は5Gに対応しているなど比較するとしてもW06側が不利すぎる条件ですが、だからといって新しい「X01」がいいとは限りません。

詳しく比較していくので下記項目を参考にしてみてください。

 

X01の注目ポイント

X01の注目ポイント

X01のここがスゴイ!

  • 5G回線対応のモバイルルーター
  • 高速なWi-Fi規格&有線LANポートに対応

5G回線対応のモバイルルーター

au(WiMAX)で初となる5G対応モデルがこれ。

一般的な光回線が1Gbpsなので、実にその4倍の速度を期待できるルーターです。

そして5Gだけでなく、いまでも主流のau 4G回線やWiMAX回線も使えるオールマイティーな端末ですね。

上り(アップロード)速度も最大481Mbpsと今までの4倍ほどのパワーアップ。

さらに4G環境でも下り最大1Gbpsとスキのない仕上がりです。

高速なWi-Fi規格&有線LANポートに対応

最大速度が一気に4倍ほどに上がったこともあり、それを支えるWi-Fi規格「Wi-Fi6&USB3.0(Type-C)」やLANケーブル規格「

2.5GBASE-Tマルチギガビット有線LANポート」も対応。

5G回線の速度を十分体験できるレベルに仕上がっています。

Wi-Fi通信時は下り最大1.2Gbpsと多少落ちますが、それでも過去モデルより高速な環境になっています。

 

X01のここが残念・・・

  • バッテリー容量の割に持ち時間が少ない
  • 5G対応エリアがまだまだ狭い
  • Bluetooth接続非対応
  • 本体サイズが大きい

バッテリー容量の割に持ち時間が少ない

バッテリーは最大4000mAhと大容量ではありますが、スペック表にあるとおり持ち時間がかなり少な目。

パワフルなだけに消費電力も大きくなるようです。

外出先で使うことが多いモバイルルーターだけに、ここは大きな弱点と言えます。

5G対応エリアがまだまだ狭い

5G回線を使うにはそれに対応した基地局が近くになければ使えません。

現在まだ都市部のみで対応しているだけのため、地方都市で使う人にとって5G関連機能は宝の持ち腐れ状態です。

大都市部で利用する人でなければX01を選ぶメリットはほとんどないですね。

Bluetooth接続非対応

バッテリー消耗の少ないBluetooth接続は非対応となっています。

もともとの持ち時間が短いだけにこれも弱点の1つと言えるでしょう。

本体サイズが大きい

持ち運ぶ端末なので、サイズは小さい方が有利ではあります。

カバンに入れておけばあまり気にならないかもしれませんが、携帯端末としては弱点と言えるでしょう。

 

W06の注目ポイント

W06のここが良い!

  • WiMAX初の1Gbps超えモデル
  • 本体カラーが豊富
  • auショップ以外でも契約可能

WiMAX初の1Gbps超えモデル

X01に比べると大したことがないように思えるかもしれませんが、既存の4GとWiMAX回線のみで1Gbpsを超えているモバイルルーターはこれだけです。

そもそもモバイルルーターで1Gbpsでもオーバースペックと言えるレベル。

現実的には最大でも150Mbps程度のスペックがあれば十分です。

X01も含め、ここで紹介している数字はあくまでも理論上のもの。

実測値は10分の1もでたら十分なレベルですからね。

本体カラーが豊富

性能面は2機種ともオーバースペックと言えるほど。

もはやスペック以外で選ぶ要素が充実しているほうがいいとも言えます。

その点W06はauショップなら3カラーラインナップされていて、全部嫌いってことはないのではないでしょうか。

X01がブラック一択のため、選択肢があるだけでもメリットと言えるでしょう。

auショップ以外でも契約可能

X01はauショップ限定です。

W06もオレンジはauショップのみですが、ほか2色は約30社ほどあるWiMAX業者でも契約可能です。

auショップを選ぶメリットは店舗数が多くことくらいなので、W06を契約するならau以外を選びましょう。

料金も2~3万円くらい安くなります。

関連記事
W06のキャンペーン比較 最安プロバイダはここ!

 

W06のここが残念・・・

    • クレードルがない
    • ファーウェイの今後に期待できない

クレードルがない

X01と同じくW06にも充電用の台座(クレードル)はありません。

メリットは

  • デスク上で使う人にとって見栄えがいい
  • USB端子にセットしやすい
  • 有線LANケーブルで接続できる

くらいですが、欲しい人にとってはデメリットと言えるでしょう。

ファーウェイの今後に期待できない

W06とは直接関係ない部分ですが、中国メーカーファーウェイさんは上との結びつきが強いと言われています。

アメリカからはかなり厳しい対応を受けているのをニュースで見かけた人も多いのではないでしょうか。

その影響が日本にも来ているのか、いまではファーウェイ製の端末を扱う大手回線事業者がほとんどいなくなりました。

これまではauとWiMAXはもちろん、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルにも端末を提供していたんですけどね。

今ではNECプラットフォームズ、シャープ、ZTE製品が主流になっています。

ということは、もしW06本体にトラブルが起こっても将来的に修理対応も期待できなくなるかも?
(まだ大丈夫だとは思いますが)

そういったリスクも十分考えられるメーカーとなってしまいました。

 

契約するならどっちがいい?

5Gが使えるエリアにいること、この条件をクリアしている人に限り「X01」はおすすめできます。

ただし、それでも当サイトとしては「W06」をおすすめします。

モバイルルーターの重要なポイントでもあるバッテリー持ちはX01を余裕で上回っていますし、本体カラーの選択肢も充実しています。

5Gを体験できない環境ならW06のほうがスペックが高いくらいです。

そして何よりも契約できる業者数が多いため、安い業者を選べるのが最大のメリットですね。

auショップのプランは月額約4300円(税別)ですが、他のWiMAX業者なら月額3500円(税別)くらいになるところもあります。

というわけで、W06をauショップ以外で契約することをお勧めします。

 

まとめ

auショップで契約できるWiMAXモバイルルーター「X01」と「W06」を比較しました。

速度に関する性能面では5G対応の「X01」が圧倒していますが、それだけとも言える微妙な端末です。

契約するなら「W06」をおすすめします。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【5G対応最新モデル】Galaxy 5G(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【5G対応最新モデル】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

【旧モデル4種はこちら】
WiMAXプロバイダ比較