ポケットWiFiとWiMAXの違いは?比較してみた

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットWi-FiとWiMAX2+の違いは?

WiMAX端末もポケットWiFiと思っている人は多いです。

グーグルで「au ポケットWi-Fi」と探している人もたくさんいますからね。
(auとWiMAXは一緒)

でもヤフー知恵袋をみていると2つの違いを知らずに使っている人を良く見かけます。

で、正式にはY!mobile(ワイモバイル)とソフトバンクのモバイルルーターのことを「ポケットWiFi」と呼びます。

そして「ポケットWi-Fi」はワイモバイルが登録してる商標です。

そのため「ドコモのポケットWiFi」「WiMAXのポケットWiFi」という使い方は本来違うことになりますが、細かいことなので特に問題はないでしょう。

持ち運びしやすいルーターのことを「モバイルWiFiルーター」といい、WiMAXルーターとかポケットWiFiルーターがその中に含まれるってことです。

商売で使わないなら、一括りにしてもいいと思います。

 

名称についてはこれくらいにして、ここでは「ワイモバイルのポケットWiFi」と「WiMAX」の違いを比較していきます。

2サービスの月額料金や速度、エリアの違いなどについて解説していきます。

ワイモバイルのポケットWi-FiとWiMAXの違いを調べてみた

料金プランの違いを比較

 WiMAX2+
UQWiMAX
WiMAX2+
UQ以外
WiMAX2+
UQ以外
Y!mobile※販売終了
Y!mobile
※受付終了
Y!mobile
※受付終了
Y!mobile
※受付終了
Y!mobile
※受付終了
Y!mobile
プラン名ギガ放題
(無制限)
ギガ放題
(無制限)
ライトプラン
(月7GB)
Pocket WiFiプラン2
803ZT/801HW
Pocket WiFiプラン2
603HW/504HW/502HW
Pocket WiFiプラン2 ライト
506HW
Pocket WiFiプランL
305ZT
Pocket WiFiプランL
305ZT
Pocket WiFiプランSS
401HW
月額料金3880円(2年契約)4380円(3年契約)3696円(3年契約)3696円~(3年契約)
5696円~(縛りなし)
3696円~(3年契約)
5696円~(縛りなし)
2480円~(3年契約)
4480円~(縛りなし)
4380円~(3年契約)
9184円~(縛りなし)
4380円~(3年契約)
9184円~(縛りなし)
2480円~(3年契約)
データ容量/月無制限
3日10GB制限あり
無制限
3日10GB制限あり
7GB
3日10GB制限あり
7GB
3日10GB制限あり
7GB
3日10GB制限あり
5GB
3日3GB制限あり
標準モード7GB
アドバンスモード無制限
3日3GB制限あり
標準モード7GB
アドバンスモード無制限
3日3GB制限あり
5GB
3日3GB制限あり
通信方式WiMAX
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX
WiMAX2+
au 4G LTE
4G LTE
AXGP
4G LTE
AXGP
4G LTE
AXGP
4G LTE
AXGP
3G
4G LTE
AXGP
3G
4G LTE
AXGP
3G
速度制限時128kbps128kbps128kbps128kbps128kbps128kbps128kbps128kbps128kbps

どちらも月7GBまでのプランが基本です。

WiMAXはギガ放題という無制限プランもあり。

ワイモバイルは基本プランにオプションで「アドバンスオプション」を付けることで無制限になります。

月額料金は2019年10月から3880円(税別)に改定したWiMAX業者(プロバイダ)も多く安くなったように感じますね。
(WiMAXは30社ほど契約できる業者があります)

ただし端末0円だったのが15000円(税別)になっているため、むしろ以前より高くなった業者もあります。

 

契約期間の違い

ワイモバイルのポケットWi-Fiは基本3年契約です。

WiMAXも2017年から3年縛りが基本になったものの、2019年10月からまた一部プロバイダで改定され2年プランが増えてきました。

また、一部プロバイダでは1年プラン、4年プランがあるほか、縛り期間なしプランも登場しています。

柔軟性の面ではWiMAXが有利ですね。

 

速度や制限される条件の違い

速度は使う端末によりますが、基本的にWiMAXのほうがスペックは上です。

速度制限の条件は同じで、契約プランの容量をオーバーすれば128kbpsに制限されます。

また2サービスともに「3日10GB制限」があり、3日間のデータ通信量が10GBを超えると、WiMAXなら翌日、ワイモバイルは当日制限が適用されます。

WiMAXの3日10GB制限

過去3日間の通信量が10GBを超えた日の翌日18時~翌2時ころまで1Mbps前後に制限されるもの。

ワイモバイルの3日10GB制限

過去3日間の通信量が10GBを超えると、当日18時~翌1時ころまで1Mbps前後に制限されるもの。

制限時間が短いワイモバイルの方がよさそうですが、超えた日に制限適用なので、たとえば20時頃動画をみていてオーバーしたらその時点で制限されてしまうわけです。

となると快適に視聴を続けられなくなるため、一概に適用時間が短ければいいとも言えません。

 

対応エリアの違い

ポケットWiFiとWiMAXの対応エリア

繋がるエリアは3G回線に対応してる機種ならポケットWi-Fiのほうが広いと思いますが、高速回線(4G)はどちらも同じようなもの。

3G回線はすでにサービス終了しているので無視しましょう。

で、4Gの対応エリアはワイモバイルもWiMAXも大きく違いません。

ただしWiMAXはWiMAX2+回線とau 4G LTE回線を2つ使うため、快適さではWiMAXが有利と言えるでしょう。

 

月額料金の違い

上で紹介した料金プラン比較表に基本料金を載せていますが、料金はWiMAXのほうが安くなります。

WiMAXはサービス提供会社(プロバイダ)が30社ほどあるため、価格競争が激しいんですよね。

各社キャンペーンで競い合っているため、無制限プランが月3500円(税別)ほどで使えるところもあります。

あとauスマホを使ってると割引もあるのでWiMAXの方が有利です。

ワイモバイルの無制限プランはアドバンスモードとか言うオプションをつけることになり、料金は合計4380円(税別)となります。

こうなるとWiMAXのほうが断然安いですね。

 

ポケットWiFiよりWiMAXを選ぶメリットは?

モバイルWi-Fiルーターを契約する時にポケットWiFiかWiMAX、この二つを比較した時WiMAXを選ぶメリットはどこにあるのか?

1つ目は回線速度の差にあります。

回線速度はWiMAXが有利

ポケットWiFiとWiMAXの回線速度

ワイモバイルは基本的にスマホなどでも使っている4G LTE回線を使います。

低い周波数帯の電波なので、速度より届きやすさに強みのある回線です。

対してWiMAXの電波は高い周波数帯を使っています。

こちらは速度が速い特徴を持っている反面、障害物などがあると繋がりにくくなる性質です。

どちらにしてもそれぞれの基地局との位置関係によって快適性は変わってきますが、電波がしっかり届いている状態ならWiMAXのほうが速度面で有利と言えるでしょう。

端末スペックはWiMAXが上

これも基地局しだいですが、基本的にWiMAX機種のほうがスペックが上です。

中には電波発射能力を向上させる機能付きのモデルもありますし、そういった端末を選べばさらに有利と言えるでしょう。

プランの選択肢もWiMAXが有利

初期費用や月額料金で比較した場合はほとんど変わりありませんが、契約期間が2年と短く設定されています。

契約する会社によっては期限なしプランがあるところも。

違約金は少し高く設定されていますが、契約期間が短い方が契約変更時に便利です。

また取り扱う業者数が多いことから、特典も魅力的になっていることが多く、WiMAXのほうがトータルで安くなります。

 

そのほか大きな違いがあまりありませんが、自分がどのように使うかによってメリットの差が生まれます。

たとえば、高速通信を重視している、月に大量の通信をする、auのケータイやスマホを利用している場合はポケットWiFiよりWiMAXを選ぶメリットが高くなります。

WiMAXは大量通信や高速通信に向いているモバイルWi-Fiサービスとなりますので、その部分を重視している方におすすめです。

 

WiMAXよりポケットWiFi(ワイモバイル)を選ぶメリットは?

4G LTE回線の繋がりやすさ

WiMAXよりもポケットWiFiを選ぶメリットは電波の入りやすさです。

電波の入りやすさは4G回線メインのポケットWiFiの方が高く、電波が安定していたり利用できる地域が広いなどのメリットがあります。

ポケットWiFiは他の業者から回線を借りてサービスを提供しているのではなく、キャリア独自の回線を使ってサービス提供しているので安定性など通信の質が高いです。

主要都市の99パーセントをカバーしていてソフトバンクのエリアにも対応しているので全国各地でストレスなく快適にインターネットに接続できるでしょう。

さらに900MHz帯のプラチナバンドにも対応しているので屋内や地下や都心などでも比較的安定した通信が利用できます。

プラチナバンドで屋内通信に強く、WiMAXだと通信が途切れてしまったり通信速度が低下してしまう様な場所でも繋がりやすいメリットもあり。

また都心などでビルや高い建物が多い場所では、障害物に弱いWiMAX電波だと入りにくくなることもありますが、ポケットWiFiならプラチナバンドに対応しているのでビルなどを回り込んで電波が届きます。

ポケットWiFiはSNSや動画の視聴にも十分な通信速度を保ちつつ、幅広いエリアをカバーしていて室内や地下や都心などでも電波が入りやすく快適にインターネットが利用できるというメリットがあります。

通信の安定性を求めている場合や幅広いエリアで利用したい場合に最適です。

 

まとめ

ワイモバイルのポケットWiFiとWiMAXを比較しました。

それぞれに強みがありますが、利用料金や通信速度面ではWiMAXが有利、障害物が多いなど使う場所によってはポケットWiFiが有利です。

とりあえずWiMAXには無料でお試しできるトライワイマックスというレンタルサービスがあるため、こちらを利用して通信状態を確認してから決めると後悔しないでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新5G対応】Galaxy G5(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【最新5G対応】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

WX06(モバイルルーター型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(モバイルルーター型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【端末選びに迷ったなら】
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー!



※ホームルーターL02は在庫切れ