よくばりWiFi登場!どんなときもWiFiと比較 どっちがいい?

よくばりWiFi トップ画像

どんなときもWiFiがサービス開始してから絶好調です。

「どんなときも~♪」と大ヒットソングのサビを俳優さんが歌っているテレビCMを見たことある人も多いのでは?

一時在庫がなくなって納期待ちになるほどの盛況っぷり。

で、この記事では「よくばりWiFi」を紹介していくんですが、「どんなときもWiFi」とかなり似たサービスになっているため、2つを比較しながら見ていきます。

よくばりwifiを契約しても損しないのか?をチェックして、後悔しないようにしてください。

よくばりWiFi と どんなときもWiFi を徹底比較!

よくばりWiFiの強みはここ!

  1. 使い放題無制限
  2. 速度制限なし
  3. 海外でも使える

1.使い放題無制限

読んで字のごとくよくばりWiFiはデータ通信使い放題のサービス。

「使い放題&無制限」と「使い放題無制限」は多少意味が違ってくるんですが、この場合は通信量に制限ないですよって意味ですね。

速度制限は別項目でアピールされてるので。

使い放題であれば、アマゾンプライムやネットフリックスなどの動画サービスも見放題。

よくばりWiFiに限らず最近のWiFiサービスは無制限が主流なのでここだけのメリットではありませんが、同じ水準なら契約するときの選択肢に入れても問題ないですね。

2.速度制限なし

これはあくまで「通常利用なら」と前置きが付きます。

ただほとんどのユーザーは毎日10GBなどの大きな通信量にはならないはず。

問題なく速度制限なしで使えるでしょう。

もし大量に使うなら384kbpsに制限される可能性はあります。

3.海外でも使える

よくばりWiFiでレンタルできる端末は「U2S」という海外電波も使えるSIMカード搭載モデルです。

よくばりWiFiのU2S
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
  • 同時接続台数5台
  • 連続通信12時間

など十分なスペックを備えています。

海外では現地の回線を、日本国内ではソフトバンク回線を利用します。

どんなときもWiFiの強みと比較

端末はよくばりWiFiと同じモデルなので差はなし。

使い放題であること、速度制限がないこと、国内外で使えることなどほぼ同じ強みを持っています。

1つだけよくばりWiFiと違うのは「3キャリア対応」の部分。

どんなときもWiFiでは「ドコモ/au/ソフトバンク」の3つに対応しています。

もしソフトバンク回線が思うように繋がらないならどんなときもWiFiを選んだほうがいいですね。

 

よくばりWiFiの魅力的なキャンペーン特典

初期2か月の月額料金が0円

よくばりWiFi 初期2か月無料キャンペーン

これいいですね。

似たようなWiFiサービスはたくさんあれど、2か月分タダにしてるところは私の記憶にある限りではありません。

24か月縛りでの契約なのはネックですが、実質7000円ほどの割引は大きいですね。

6000円(500円×12か月)キャッシュバックあり

2か月無料+6000円キャッシュバックなら実質13000円ほどの割引になる計算。

ただキャッシュバックは「NTTグループカード新規入会&支払いに利用」が条件です。

クレジットカードを持っている人は不用かもしれませんが、年会費無料の通常カードを契約しておくだけで特典が付くならこれといったマイナスもなくお得です。

ちなみにNTTグループカードは次の2種類から選べます↓

よくばりWiFiのNTTグループカード特典

ゴールドカードは年会費5000円ですが、利用金額によって翌年無料です。

どんなときもWiFiのキャンペーンと比較

比較するようなキャンペーンはやっていませんでした。

どんなときもWiFiは割引なしですね。

 

よくばりWiFiの月額料金と縛り期間

国内利用時の料金

よくばりWiFiの料金プランと縛り期間

月額料金は縛りあり・なしによって大きく違ってきます。

「業界最安値水準」をアピールするよくばりWiFiでの月額料金は24か月縛りプランなら定額3450円(税別)です。

「最安水準」とあるように、あくまで下の水準に近いよ?ってだけで最安ではありません。

やっかいですね

縛りなしプランでは一気に高額設定になり、月額4880円(税別)です。

あきらかに金額ギャップで2年契約へ誘導するためのエサみたいなものですね。

当サイトおすすめは断然「縛りプラン」のほうです。

3450円(税別)は同業他社と比較してどれくらい安い?

ワイモバイルより安く、WiMAXではいくつかある業者のうち最安業者より少し高め。

WiMAXならGMOとくとくBBという超高額キャッシュバックを出している業者なら月額3300円くらいですね(税別)。

じゃあWiMAXがいいか?というとそうではなく、上で紹介したWiMAXにない強みに魅力を感じるならよくばりWiFiもありです。

海外利用時の料金(1GB まで速度制限なし)

利用国Aに含まれる国は1250円/日
よくばりWiFiの利用国A料金
利用国Bに含まれる国は1850円/日
よくばりWiFiの利用国B料金

1GBを超えると384kbpsに速度制限されます。

時間は日本時間で午前9:00にリセット&カウントスタートです。

ちなみにWiMAXは海外でそのまま使えません。

WiMAXでは約30社くらいある業者で契約できるんですが、その中でもauショップで契約し「LTE NET for DATA(月500円)」加入時のみ国際ローミングに対応していて海外もOK。

ですが、料金が高いのでおすすめできないんですよね。
(使った通信量に応じて1日1980~2980円)

端末一台だけで国内外をカバーしたい人はよくばりWiFiがいいでしょう。

どんなときもWiFiの月額料金は?

どんなときもWiFiの月額料金

月額3480円(税別)で、よくばりWiFiのほうが30円安い!

さらにどんなときもWiFiは25か月目から3980円に値上がりします。

ちなみに海外利用料金は

  • 利用国エリア1が1280円
  • 利用国エリア2が1880円

で、こちらも30円よくばりWiFiが安い!

後からサービス開始しているため完全に後出しじゃんけんですが、どんなときもWiFiより料金面では上回っています。

 

契約するならどっちがいい?

料金が安い「よくばりWiFi」をおすすめします。

詳細チェック・お申し込みは公式サイトで
よくばりWiFi 公式

ソフトバンク回線に不安がある人はどんなときもWiFiを選びましょう。

詳しくはこちらの記事でまとめています
どんなときもWiFiってどうなの?

 

ほかのモバイルWiFiルーターサービスとも比較してみた

WiMAXとよくばりWiFi比較

WiMAXのデメリット
  • 3日10GB制限あり
  • au 4G LTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードを使うと月7GBまでしか快適に使えない
  • auで契約すれば海外も使えるが料金が高い

といった制限のあるWiMAXですが、競合する業者が多いため料金競争は激しく最安3300円(税別)くらいで契約できます。

よくばりWiFiで使うソフトバンク回線に不安がある、料金が1円でも安いほうがいい人はWiMAXがおすすめです。

WiMAX業者や端末の選び方はこちらの記事で解説しているので参考にしてください↓

参考記事
WiMAXキャンペーン比較 契約するならここ!

 

ワイモバイルとよくばりWiFi比較

ワイモバイルのデメリット
  • 3日10GB制限あり
  • 月額料金が高い

ワイモバイルは月額4380円(税別)とかなり割高なのがネック。

よくばりWiFiと同じソフトバンク(ワイモバイル)回線なので、国内での条件はほぼ一緒。

高性能な端末はあるものの、スペックを最大限発揮できるのは都市部の一部エリアのみです。

日本のほとんどの人は恩恵を受けられないでしょう。

料金も安く海外でも使えるよくばりWiFiをおすすめします。

 

まとめ

新登場のレンタルWiFiサービス「よくばりWiFi」の料金やキャンペーン情報、他社との比較情報を紹介しました。

後から登場したサービスだけあって、先行業者より優れている部分があります。

今一番勢いを感じる「どんなときもWiFi」より低料金で使えるため、どっちにするか?で迷っているならよくばりWiFiをおすすめします。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由