WiMAX最新機種を比較&レビュー!

【お知らせ】
2017/11/1発売の新機種WX04のレビューを追加しました!

 

WiMAX、我が家では光回線より快適です。

そんなわけで、WiMAXに惚れ込んだ管理人が最新機種を全部試してレビューしていきます。今後も新しい機種が出るたびに更新予定。

また、安く契約できるプロバイダも比較。管理人お気に入りは安さとサポートが両立している【BroadWiMAX】ですが、人によって選ぶ基準は違うので比較結果を参考にして頂ければ。

WiMAX機種やプロバイダ選びにお役立てください。

 

ここでは、私が最新機種を全部使ってのレビュー&おすすめ機種紹介と、WiMAXプロバイダ情報を紹介しています。

 

実際に使って感じたおすすめはコレ!
WiMAX機種ランキング

最新端末は全部使い速度計測した結果からおすすめランキングを作りました。旧モデルは未使用なのでスペックを参照して順位を決めています。

 

モバイルルータータイプのWiMAX機種ランキング

携帯できるのでどこでもインターネットが楽しめます。専用のクレードルという台座を買えば有線接続も可能。

 

1位 WX04
(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT WX04)
専用クレードルをセット購入するならこれがおすすめ!

クレードルありという条件付きで私的レビュー評価No1はコレ。今までの愛用してきたWX03から正統進化してくれた「Speed WiFi NEXT WX04」です。

専用クレードルに室内での通信を繋がりやすくしてくれるビームフォーミング機能を新たに搭載しさらにWi-Fi環境の快適性アップ!といっても私はケーブル接続してるので関係ありませんけどね(汗)。でもWX03に較べて少しだけ速度アップしました。WX03が20Mbps前半なのに対してWX04は25Mbps前後。我が家でのレギュラーの座を見事ゲット!

au 4G LTE回線対応で室外でもOK、専用クレードルのパワーアップで室内でもOKと全方位スキのないWiMAX機種に進化したWX04。イチオシです!

WX04のおすすめポイント
  • 最大速度以外は最強スペック
  • 専用クレードルの拡張アンテナで通信安定性アップ&速度アップ
  • 機能管理プログラムあり
  • バッテリーがWiMAX機種至上最大の3200mAh
  • au 4G LTE回線対応
WX04の残念なところ
  • 最新機種なのに最大速度がW04以下
  • 3年縛りプランしか契約できない
  • SIMサイズが変わり機種本体だけ買っても今までのユーザーは使いまわせない

さすがに一番新しい機種だけあってスペック面は最強と言える仕上がり。速度がライバル機種「W04」に劣っているだけで他機種で採用されているあらゆる機能を詰め込んだモデルです。

残念なのは3年縛りプランしか選べないところ。毎年新しい機種が発売されるWiMAX業界で3年同じモデルを使い続けるのは個人的に苦痛です。3年目に入れば解約違約金9500円なので払えば問題ないんですけどね。WX04にそれだけの価値があるかって言うと・・・あると思います。ただ「クレードル有りで使う人限定」と前置きは付きます。そうじゃないなら2年縛りのWX03かW04をおすすめします。

あとですね、あまり該当する人いないかもしれませんが、今後中古が出回ってきて機種だけこれに買い換えようと思っている人は、SIMカードのサイズが違うので注意してください。WX04以外のWiMAX機種はmicroサイズ、これはnanoサイズのSIMカードなので使いまわせません。私もハマりました(汗)

 

2位 WX03
(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT WX03)
こちらも専用クレードルありならおすすめ!

下り最大440MbpsのNECプラットフォームズ製ルーター。WX04登場まではレビュー評価No1でした。

今まで一番安定していて速度も最速でしたがWX04に敗北・・・。型落ち機種の宿命ですね。とはいえWX03の専用クレードルから初搭載された拡張アンテナは今でも快適に使えます。WiMAX電波の受信感度を上げてくれるおかげで、我が家ではW04やそれ以前のシリーズより速度出てます。自宅で使うときにこれを使えばさらに快適になることは間違いないでしょう。まだ取り扱っているWiMAXプロバイダもありますし、機種買い替えだけなら中古で買うとかなり安く買えます。これより古い機種を使っていて買い替えを考えている人にはおすすめです。

WX03のおすすめポイント
  • バッテリー2890mAhで長時間使える
  • 専用クレードルに搭載された拡張アンテナで通信安定性アップ&速度アップ
  • 機種サイズがコンパクト
WX03の残念なところ
  • au 4G LTE非対応
  • 初期不良が多かった(らしい)

WX03はau 4G LTE非対応ですがコンパクトサイズで携帯性バツグン。バッテリー持ちも良く長時間使えるため、WiMAX2+回線がつながる街周辺部エリアを中心に使う人に最適です。

ネット上では初期不良もでていたようですが、私の機種はとくにトラブルらしいトラブルもなかったので詳細はわかりません。ただ1年ほどクレードルに挿しっぱなしで毎日10時間以上使い続けた結果、バッテリーが膨張し始めました(汗)。けっこう過酷な使い方だと思うので参考になるか微妙ですが一応報告しておきます。

 

3位 W04
(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT W04)
クレードルを使わない&用途が外メインの人におすすめ

下り最大708Mbpsのファーウェイ製最新機種です。

WX04やWX03には劣るものの速度も十分で快適に使えました。auの4GLTE回線にも対応していて、そちらを使ったときはWX03より速かったです。ただauユーザーで対象プランを契約してないと、一回利用しただけで約1000円通信料が上乗せされるのでちょっとないかな、って感じですね。

W04のおすすめポイント
  • WiMAX機種で最速の708Mbps(一部エリアのみ)
  • 縦型スティックで片手で操作しやすい
  • au 4G LTE対応
  • auショップでも扱っている
W04の残念なところ
  • バッテリー持ちがWXシリーズより悪い
  • サイズ大きめ

拡張アンテナ搭載クレードルなしのWX04/WX03と比較するとW04の方が速かったです。クレードルを買わない人はこの機種がおすすめ。また最大速度を期待できるエリア(東京・大阪・愛知・京都・神奈川・兵庫)の一部対応エリアに住んでいる人はこの機種が一番快適に使えるでしょう。一部エリアってどこやねん?ってことですが、正確な対応エリアは公式サイトを見てもわかりません。ただ最新技術はたいてい街の中心部からサービスが始まります。そのため、これら都府県の街周辺で使う人は可能性高くなります。

W04はいろいろな契約プランが選べますし、ある程度田舎でも店舗展開しているauショップでも契約できるのは強み。ですがサイズは少々大きめ。またバッテリー持ちがWXシリーズより悪いのは残念ポイントです。とはいえカタログ値で最長900分ほど連続使用できると書かれているので節約モードで使えば大きなデメリットにはなりません。

 

4位 W03
(正式名称:Speed Wi-Fi NEXT W03)

W04の旧モデル。下り最大370Mbps。スペックはかなり違うものの、W04と快適さはほぼ同じでした。機能もほぼ一緒。見た目で選んでも問題ありません。オレンジ色がキレイです。

W03のおすすめポイント
  • au 4G LTE対応
  • 中古が安い
W03の残念なところ
  • すでにWiMAXプロバイダで扱っていないところが多い

型落ちの機種なので、WiMAXプロバイダ契約で入手するのはほぼできません。またW04があるのでこれを選ぶメリットもありません。ただコレより古い機種を使っている人が中古を買って乗り換えるのはあり。価格も安いので負担が少なく手を出しやすいです。

 

ホームルータータイプのWiMAX機種ランキング

自宅だけしかインターネットを使わないならこちら。電源がコンセント供給なのでWi-Fi電波の出力がモバイルルータータイプより強くアンテナサイズも大きいため、室内利用時につながりやすくなります。同時接続台数が多く、利用端末が多かったり家族みんなで使うシチュエーションが多いならこちらがおすすめ。

ではホームルータータイプのレビューをしていきます。

1位 L01
(正式名称:Speed Wi-Fi HOME L01)
デザインもスペックもWiMAXホームルーター最強!

ホームルータータイプを選ぶならL01一択です。ファーウェイ製の機種でau回線にも対応。我が家でも快適に使えます。見た目もいいのでインテリア性も良く満足度高め。イチオシですね。

L01のおすすめポイント
  • デザインがいい!
  • au 4G LTE対応
  • 最大速度440Mbps
L01の残念なところ
  • モバイルルータータイプより通信状況がわかりづらい

WiMAX至上一番デザイン性が高いと思う機種ですね。これだけでかなり人気&売れている要因なのは間違いなし。ツイッターなどネットのレビューを見ていてもそう感じられます。またWiMAXのホームルータータイプで初めてau 4G LTE回線にも対応。速度もライバル機種の倍で文句なしにおすすめできるモデルです。

ただ液晶画面がついていないホームルータータイプの宿命ですが、アンテナ本数や通信量など非常にわかりづらく、確認するためには設定画面を開かないといけないのは少し面倒。でも無制限プラン(ギガ放題)を契約しておけば、極端なヘビーユーザーじゃなければみる必要ないので問題ないはずです。

 

2位 novas Home+CA

我が家では相性が悪かったのか激遅でした。L01が20Mbpsほどだったのに対し、これは5Mbps程度。デザイン面でもL01が上だと思うのでちょっとおすすめできないかな・・・って感じです。

novas Home+CAのおすすめポイント
  • アンテナが可動式
novas Home+CAの残念なところ
  • WiFiルーター然としてデザインは好みがわかれそう
  • 通信状況がわかりずらい

機種本体外に取り付けられているアンテナは可動式。感度の良い方向へ向けられるのは強みです。

ただL01と同じくLEDランプしかつかないので、通信量がわかりません。中古でWiMAXホームルーターを買うとしてもL01の方が安かったりします。最大速度も220Mbpsですし、今これを選ぶ理由はありません。L01にしておくことをおすすめします。

 

3位 URoad-Home2+
(これは未使用です)

未使用ですがWiMAX無印回線が使える部分以外は特徴もなく下り最大110Mbpsと低スペック。あえてこれを選ぶ理由はありません。そもそも契約できるプロバイダがありません。中古で買うとしても上の機種から選んだほうがいいですね。

 

その他WiMAXルーターランキング

USB端子に接続して使える一番コンパクトサイズの端末です。利用するパソコンなどの端末側から電源供給を受けるためバッテリーを気にせず使えます。

1位 URoad-Stick
(これは未使用です)

バッテリーがない分小型なので携帯性はバツグン。ですが下り最大110Mbpsなどスペックも古びています。これを選ぶくらいならモバイルルータータイプから選んだほうが満足度は高いでしょう。昔売られていたWiMAX機能搭載ノートパソコンが忘れられない!ってくらい大好きならこれがベストだと思いますが、そんな人はあまりいないでしょうね。

このほか数年前までWiMAX機能搭載パソコンもありましたが、いまは見る影もなく・・・。USBタイプもニューモデル登場の気配を感じないので、いずれモバイルルーターとホームルータータイプだけになりそうですね。

 

最新機種をレビューした結果、おすすめはどれ?

このレビュー結果はあくまで管理人の利用環境(自宅利用99%)での使用感を元にランク付けしているため、クレードルありきのランキングとなっています。ただ用途によっておすすめ機種は違うため、どの人にどんな機種がイチオシなのか?をシチュエーション別にまとめておきます。

自宅利用メインの人向け機種

自分の部屋で使うだけ

  • WX04+クレードル
  • L01

家族みんなで使う

  • L01

外メインで使う人向け機種

活動領域が都市部メイン

  • W04

旅行・出張などで田舎エリアでも使うことがある

  • W04
  • WX04+クレードル(家でも快適さが欲しい場合)

 

 

安く契約できるWiMAXプロバイダは?

WiMAXプロバイダには大きく分けで店舗受付しているところ、ネット契約限定のところの2種類あります。

店舗契約できるところはビックカメラなど家電量販店系、auショップ、UQWiMAXのUQスポットなど。

ネット限定はGMOとくとくBB、BroadWiMAXなど。私はBroadWiMAXで契約しています。

選んだ理由はこちらの記事で紹介してます。
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

で、店舗運営側はいろんなコストがかかる分特典は弱め。対してネット限定プロバイダはキャッシュバック3万円など魅力的な特典が提供されています。

ですので即日インターネットが使いたいなら店舗系で契約するしかありませんが、安く使いたいなら最短翌日には端末が届くネット限定プロバイダがベストです。差額が3万以上違ってくるのでこっちじゃないと大損します。

ちなみに回線速度はどのWiMAXプロバイダで契約しても変わりません。ので安さで選ぶのが損しない選び方になります。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由